Image of first carousel

特徴

県下で栽培されている品種はほとんどが大粒で甘みの強い「とよのか」。果汁たっぷりでみずみずしい熊本のいちごは、芳醇な味わいで子どもから大人まで根強い人気があります。また、熊本県のオリジナル品種「ひのしずく」は平成16年から本格的な栽培を始めた新しい品種で、鮮やかな紅色と上品な甘味が特徴です。

 

暖かいビニールハウスの中で、葉っぱの間から白い花と真っ赤に色付いた大粒のいちごが顔をのぞかせています。生産量、栽培面積ともに全国3位(H19)を誇る熊本では、玉名、八代、鹿本地域をはじめ県下全域で栽培が行われています。